熊本城は生きている

まだ余震が続いている。

2日前までは福岡でも今までにない

揺れが続き、落ち着かずにいた。

熊本で被災されている方々のことを

思うと、早く落ち着いた生活に

戻られるよう願わずにはいられない。

今回の地震では、古い文化財も

影響を受けた。

とくに

熊本城が、

大きく崩れる映像とともに、

石垣が崩れ、

櫓が崩れ、

瓦が落ち、

無残な姿となった熊本城。。

などと報道されていると、

とても残念の気持ちになっていた。

しかし、昨日知り合いと

打ち合わせをしているときに

聞いた話。。

熊本城の瓦が、

あんなに剥がれてしまっているのは、

普段は風雨から建物を守るための瓦

ではあるけれど、

地震の際は、あえて落下させやすくし、

お城の躯体を崩れにくくする設計に

なっているとのことだった。

これを聞いて、それまでの残念な

熊本城に対する見方が変わった。

たしかに、

瓦は剥がれているけれど、

躯体はしっかりとしているように

見える。

今のところ

先人たちの思惑どおり、

守られている。

これは、

まるで数百年前の知恵が、

今、

この時を待っていたかのように、

大災害の中慌てることなく、

静かに表出してきたかのように思えた。

無残と言われ晒している姿は、

あくまで表層であり、

それによって、

中身は守られたとしたら、

逆にかっこよく見える。

素晴らしい!!

そして、

『 熊本城は、

 生きているっ!! 』

と感じた。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い