回顧展で

ムーミンの作者、フィンランド人

トーベ・ヤンソンの

回顧展を観に出かけた。

どのキャラクターも興味深いけれど、

その中でも、

近年「ニョロニョロ」が、

自分のなかにもいるような気がしていたので

なんとなく、観に行こうと思ったのだ。

とはいえ、こどもの頃にアニメや絵本を読んで

いるだけで、正規の翻訳本は読んだことも

ないので、それほど詳しくはない。

それにしても、

展示の原画は、50年以上も前に、

白い紙に黒のインクで描かれた素朴なもの

だが、細かい線で描かれているからか、

空間やキャラクターのお茶目な雰囲気が、

今もなお、生き生きと伝わってくるのだった。

また作者のトーベは、画家でもあるので、

油彩画なども展示されていた。

(これも初めて知ったことだった。笑)

途中解説を読んでいると、

「ニョロニョロは、耳と口がないので、

 聞こえないし話すこともできないが、

 とても敏感で、感じて動くのだ。」

というような解説があった。

またムーミンは、

動物のかばのキャラクターを中心

にした物語かと思っていたら、

そうではなかった。

『森に住む、妖精たち』

の物語だったのだ。ハハ。。

なんだか、

ほかにも幼い頃のあいまいなままの

記憶で、不自由しなかったせいか、

いろいろと勘違いしているなあ…と感じた

回顧展だった。

機会があれば

オリジナルの翻訳本を読もうと思う。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ