日本のおもてなし

諫早に帰省する際は、いつもJRを利用

している。

今週もいつものように利用したところ、

私が乗車した車両は、外国人旅行客で

ほぼ満席であった。

日本で、しかも東京でもなく京都でもない、

九州でこんなに外国人ばかりの車両に

乗るのは、初めてだった。

後部は、韓国人ファミリー、

右側は、タイ人の女性4人組。

日本以外のアジアの好景気を、

このような諫早に向かうローカル列車内

で感じることになるとは思わなかった。

そして、このタイの女性たちは、

車窓から見える風景や

車内の写真を撮りまくっていた。

とくに、列車内のワゴンサービスが

興味深かったようで食い入るようにパシャ

パシャと写真におさめていた。

25年前のバブル期の日本人の姿が

そこにはあるように思え、

懐かしくも、微笑ましかった。

それにしても、たしかに、食べ物の

車内販売というのは珍しいのかもしれない。

私も過去、ヨーロッパ、中国、アメリカで

長時間列車に乗ったことがあるけれど

ワゴンサービスはなかった。

今はどうなのかわからないけれど、

私が訪れた約25年前の中国では、

車内ではお茶やお湯のサービスがあり、

駅構内でも、お湯を配っている女性がいた。

しかし、それは、

旅のお楽しみのサービスというよりは、

配給に近かった。

凍えて死なせないための寒さ対策という

切実さのほうが強かった。

日本人には当り前の車内販売も、

外国から来た方々にとっては、

意外と日本の『おもてなし』を感じさせる

情緒あるものなのかもしれない。。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ