身体を正しく使う


ようやく道場での稽古が


できるようになりつつあります。


さて、


先日福岡道場で稽古のとき、


ほんの少しの違いで


相手への伝わり方が違うことに


あらためて気づき、


「身体を正しく使う」


ことについて思いが巡りました。


今までは、同じ経験をしても


ここまでの思いに至らなかった


ということでもありますが。。(笑)



思わず稽古をつけていただいている


師範に


「いままで正しく身体を使うこと


 教えてもらったことなかったですね。」


と言葉がでてきました。



たしかに、小さいころから


体を使う体育や運動競技では、


もっと高く、もっと速く、もっと長く


使うことは指導されてはきたけれど、


「正しく使う」


ことは教わってない。



人生において大切なことは、


自ら習おうとしなければ、


誰も教えてはくれないのかもしれない。


との思いも巡りました。



そういう意味では、


大東流の門をたたき、


稽古を続ければその可能性があるとも


いえます。



門は、すべての人に開かれています。




最新記事

すべて表示

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ