AT車とMT車


去年秋から


マニュアル車に乗っています。


久しぶりのマニュアル車でしたが、


操作の仕方だけでなく、


目線が変わったことに気づきました。


オートマ車ですと発進停止が簡単にできるので


目線も近視眼的でしたが、マニュアル車になって、


自然と視線もより遠くを見るようになりました。


また、遠くからでも交差点が見えると


交差する車線を走っている車にまで


目がいくようになりました。


視野エリアが広がった感じです。


そして、マニュアル車は、


両足で左右のバランスを取り運転しますから、


万一パニックになったとしても、


左右のバランスをとる余裕がないパニック時には、


車は動かせないと思われますので、


誤発進・誤操作による衝突事故も起こらなさそうです。


そして、先日運転しながら思ったのが、


足の力、脚力です。


もちろん車種にもよるでしょうが、


クラッチを踏むのにそれなりに脚力がいるうえ、


足首が柔らかく動く必要もあり、


高齢になると運転が難しくなりそうです。


昨今よく耳にする、家族の反対を押し切ってまで


危険運転しようとするご高齢者も少なくなりそうな気がします。

安全面からすると、


マニュアル車のほうが優れている気がします。


ただし、


運転する人間のほうは、多少緊張を強いられますが……(笑)


でもそれが、安全運転につながるのかもしれません。



最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ