AT車とMT車


去年秋から


マニュアル車に乗っています。


久しぶりのマニュアル車でしたが、


操作の仕方だけでなく、


目線が変わったことに気づきました。


オートマ車ですと発進停止が簡単にできるので


目線も近視眼的でしたが、マニュアル車になって、


自然と視線もより遠くを見るようになりました。


また、遠くからでも交差点が見えると


交差する車線を走っている車にまで


目がいくようになりました。


視野エリアが広がった感じです。


そして、マニュアル車は、


両足で左右のバランスを取り運転しますから、


万一パニックになったとしても、


左右のバランスをとる余裕がないパニック時には、


車は動かせないと思われますので、


誤発進・誤操作による衝突事故も起こらなさそうです。


そして、先日運転しながら思ったのが、


足の力、脚力です。


もちろん車種にもよるでしょうが、


クラッチを踏むのにそれなりに脚力がいるうえ、


足首が柔らかく動く必要もあり、


高齢になると運転が難しくなりそうです。


昨今よく耳にする、家族の反対を押し切ってまで


危険運転しようとするご高齢者も少なくなりそうな気がします。

安全面からすると、


マニュアル車のほうが優れている気がします。


ただし、


運転する人間のほうは、多少緊張を強いられますが……(笑)


でもそれが、安全運転につながるのかもしれません。



最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い