日本ミツバチの

暖冬のまま春を迎えるかと

思った矢先、

今日は、雪がちらつくなか

日本ミツバチについて

学んで参りました。

同町の古民家カフェ敷地内の

オーナーズルームにて

開催されました。

もちろん、

オーナーも日本ミツバチを

飼われていて、その豊富な経験談も

交えながら興味深く学ばせて

いただきました。

今回は、

わたしが以前、

ミツバチに関する翻訳本を読み

人間社会の先を行くミツバチに

とても興味を持ったこと、

そして、

自宅近くのカフェオーナーが

日本ミツバチを飼育されていて

知り合いになったことから

参加の運びとなりました。

オーナーの話を聞きながら、

自然の法則に従い、

数千数万匹の集団が

役割を決めて行動し、

かつ集団内での激しい争いがない

ミツバチに対して、

いまだ戦争を続けている人間たち。

そして、

平和な社会を構築している

健気なミツバチたちに

あらためて、

尊敬の念が沸き上がってきました。

巣箱も持ち帰りましたので、

これから春に向けて日本ミツバチが

この巣箱に住みついてくれる

といいのですが……。

準備もありますが、

自宅の庭でミツバチ集団と

関わりができることを思うと、

今から、ワクワクしています。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ