草むしり

今朝は、草むしりをしながら

いろいろな考えが

浮かんできました。

土の中から突然現れる

テカテカとした

「みみず」

文明社会では、

とくに

薬品や洗浄剤のCMでは、

土は、

「ばい菌がたくさんいて

        汚いもの」

とされています。

それなのに、

「みみず」は、

そんな菌がたくさんの

汚れたところで、

しかも甲虫類のように

固いもので覆うことなく、

裸のような体表で

土のなかを泳ぐように

平然と生きています。

「土は菌で汚染されたもの」

これは、本当なのでしょうか。

生き生きとした

「みみず」をみていると、

そうとは思えないのです。

そして、

飼っている「にわとり」は、

地中から草の根といっしょに

掘り起こされる虫を狙って

草むしりをしている私の手元に

ビッタリくっついてきます。

みみずも瞬間で捕え、

丸呑みです。

「にわとり」は、

草や穀物しか食べないのかと

思っていたら、

動物たんぱくがとても好きです。

はっきり言って、

穀物より好物です。

虫や幼虫、「かえる」も地面に

叩きつけて食べやすくしてから

丸呑みです。(笑)

街中では、

にわとりを見ることがないため、

ついつい工場で

飼育されるにわとりしか

思い浮かべることができず、

穀物飼料しか食べないと

思い込んでいました。

イメージだけで、

誤った判断をしてしまいがちです。

にわとりならまだ

大事にいたらない

かもしれませんが、

情報と体験知の違いを

意識することが、

大切であると感じました。

それから、

草をむしっていると、

冬の眠りから覚めた

「かえる」

も見つけました。

おまけに、むしった草に

「かえる」の卵が産みつけられて

いると思われる泡立てた卵白状の

ものがついていました。

季節はどんどん

進行しています。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い