朝から収穫

雨が振ったあと

草一本も生えてない

近所の畑から

一斉に芽が伸びているのが

見えました。

また、私も

庭の木苺が

赤い実をつけたので

先週から

ほぼ毎日摘んでいます。

ところが、

なぜか無くなりません。

毎日採れます。 

なぜなのか。。

もちろん、木苺が毎日成長し、

次々と実が熟していくから

です。

でも、それとは別に

全部採ったつもりでも、

かなり見落としがあり、

とりこぼしていることに

気がつきました。

同じ角度から見渡して

赤い実は見つからなくて

全部採ったと思っていても、

そのあと、

ほんの少し視点を変えるだけで、

葉や枝の影の奥にひっそりと

赤い実がたくさん

残っているのです。

人間の目は、

自然からすると

節穴だらけだなぁと

感じます。

でも、

そうであることで、

自然の恵みを

虫や動物たちと

分かちあえているような

気もいたします。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ