初めてづくし?

昨日は、諌早稽古会に

初めて本部の先輩(師範代)が指導に

来てくださいました。

長崎県内にお住まいということもあり

今回の運びとなりました。

おかげさまで、最初から緊張感のある

いい稽古をすることができました。

またこの日は、ホーム道場ではなく

山中にある道場で寒かったので

今年初めてかかり稽古をしました。

とくに、

入門してまだ一年にも満たない方々が

姿勢を崩さず相手を投げている姿を

横目で見てすごいなと感じると同時に

うれしくなりました。

それから、稽古が終わり

いつもなら解散するところ、

全員で近くの牡蠣小屋に参りました。

(よく考えると道場のそばに、牡蠣小屋が

あるなんてありがたいことです。)

有明海で採れた牡蠣をバケツ買いして、

車座になり炭火で焼いていただきました。

実は、人生で初めて牡蠣を食されるかたが

いらっしゃいました。

心なしか遠巻きに牡蠣を見ている彼のために、

それを察したメンバーが、焼き色がつくまで、

しっかりと焼き上げていたのが、

印象的でした。(笑)

炭火のおかげで、牡蠣のみならず

私たち人間もほっこり温もった稽古日と

なりました。

これからまた寒さが増しますが、

諫早稽古会のみなさま

防寒対策をして、

変わらず稽古を続けて参りましょう!

どうぞ宜しくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ