起こされる。

最近、

たびたび

朝目覚ましのアラームが鳴る前に

身体の体温が上がり

目覚めることがある。

「あ~、私の身体が

 起こしてくれているのだな~」

と感じる。

そして、

昔少し住んだことのある国で

公用語であるスペイン語を習って

いたときのことを思い出した。

日本語でも英語でも

自動詞を使って表現する

「朝起きる。」

「 アイ ウェイク アップ。」

これが、スペイン語では、

自動詞を使わず、

他動詞で表現するのです。

とても不思議に思ったので、

誰に起こされるのか

先生に聞いてみたところ、

「神さまに起こされる」

というのです。

毎日、神に起こされる??

当時の私には意味不明でした。(笑)

そして数十年を経て

体温が上がり、

目覚めることで、

身体が起こしてくれているのだ

と感じることで、

昔のことが今になって

なんとなく理解できるような

気がして、

ニンマリしています。

それにしても、

ネットで調べると

逆に朝は体温が下がるらしい。

個人差があるのかしらん。。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ