とんぼの足

お盆が過ぎて、

朝晩は少し過ごしやすくなって

参りました。

少し前から、

とんぼが秋を促すかのように

わんさか飛んでいます。

私にとって

とんぼとは、そんな

見慣れた自然の風物みたいな

ものだったのですが。。

先日庭を歩いていて

ふと振り返ったときに、

私の目線の先に

飛んでいるとんぼが、

空中浮揚状態で

目に入ってきたのです。

そうすると、

なんと、とんぼの足が

直角にくの字に折りたたまれて

いるのがはっきりと見えたのです。

とんぼが、飛んでいるとき

足を折りたたんでいる状態を

初めて見て驚いたのです!

そんなことご存じのかたから

するとそれが何?

という感じかもしれませんが。。(苦笑)

私も、幼い頃はとんぼを

捕まえて遊んだりしていたので、

間近でとんぼを見て知っている

つもりだったのですが、

よくよく思い起こしてみると、

その当時間近で見たとんぼは、

飛んでいるのではなく、

捉えられた状態のとんぼだったので、

何かにつかまろうと足をひらいている

姿しか記憶になかったのでしょう。

それがいつの間にか私のなかで、

「とんぼは、いつも足を開いている」

という思い込みのまま、

注意してみることもなくなっていた

のだと思います。

それが、

とんぼなんかに興味もなくなって

しまったこの年齢になって

やっと見て知ることができた

というわけです。

それにしても、

なぜ、

あの時はっきりと見えたのか

不思議でたまりません。

そこで、

その姿をもう一度みようと

何度もとんぼに目を向け、

見ようとするのですが、

やはりあの時のように見えません。

あの時はっきりと

見えたことは、

本当に貴重な体験だったのだと

今にして思えるのでした。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い