top of page

とんぼの足

お盆が過ぎて、

朝晩は少し過ごしやすくなって

参りました。

少し前から、

とんぼが秋を促すかのように

わんさか飛んでいます。

私にとって

とんぼとは、そんな

見慣れた自然の風物みたいな

ものだったのですが。。

先日庭を歩いていて

ふと振り返ったときに、

私の目線の先に

飛んでいるとんぼが、

空中浮揚状態で

目に入ってきたのです。

そうすると、

なんと、とんぼの足が

直角にくの字に折りたたまれて

いるのがはっきりと見えたのです。

とんぼが、飛んでいるとき

足を折りたたんでいる状態を

初めて見て驚いたのです!

そんなことご存じのかたから

するとそれが何?

という感じかもしれませんが。。(苦笑)

私も、幼い頃はとんぼを

捕まえて遊んだりしていたので、

間近でとんぼを見て知っている

つもりだったのですが、

よくよく思い起こしてみると、

その当時間近で見たとんぼは、

飛んでいるのではなく、

捉えられた状態のとんぼだったので、

何かにつかまろうと足をひらいている

姿しか記憶になかったのでしょう。

それがいつの間にか私のなかで、

「とんぼは、いつも足を開いている」

という思い込みのまま、

注意してみることもなくなっていた

のだと思います。

それが、

とんぼなんかに興味もなくなって

しまったこの年齢になって

やっと見て知ることができた

というわけです。

それにしても、

なぜ、

あの時はっきりと見えたのか

不思議でたまりません。

そこで、

その姿をもう一度みようと

何度もとんぼに目を向け、

見ようとするのですが、

やはりあの時のように見えません。

あの時はっきりと

見えたことは、

本当に貴重な体験だったのだと

今にして思えるのでした。

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

bottom of page