隙(空き)があると相手に入られる。

逆をいうと、

隙がなければ、相手に入られない。

自分に隙がなければ、

相手に攻撃されることはない。

武道や武術をやっていれば、

耳慣れた言葉かもれません。

どんなに力づくで相手が攻撃して

きたとしても自分に隙がなければ

相手は入ることができないので、

攻撃したくてもできない

ということなのです。

「 隙さえつくらなければ、

  自分の身は護れる。」

一昨日の稽古で、

この言葉が響きました。

しかし、切羽詰った状況で、

しかも見るからに

自分より身体の大きい

戦力のありそうな相手が

自分に向かってくると

わかるとどうでしょうか?

気持ちが動揺します。

その自らの動揺が、

隙をつくります。

だから、

大東流の稽古では、

護身の技として

身体だけでなくメンタル強化に

繫がるような稽古をしています。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ