top of page

懐に入る

先日本部道場での稽古のとき、

型稽古で、

師範の、

『相手の懐に入っていくことと、

 攻撃することは、違いますよ。』

この言葉が飛び込んできた。

稽古において

第三者が、

外側の動きだけ見た場合、

相手の懐に入る動きも

相手を攻撃する動きも

同じように見えるだろう。

そして、

相手を攻撃するとは、

肉体のぶつかり合いに終始し、

お互いが痛い思いをする。

それでは、

相手の懐に入るとは、

どういうことなのか。

それは、

無の状態で、

力を感じずに相手を動かして

いるときだ。

逆に言うと、

相手の懐に入るとき、

欲や我執があると

相手の懐には入れない。

こうして書いてみて、

大東流の型稽古の奥深さに

あらためて

その凄さを感じてしまうのです。

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

bottom of page