懐に入る

先日本部道場での稽古のとき、

型稽古で、

師範の、

『相手の懐に入っていくことと、

 攻撃することは、違いますよ。』

この言葉が飛び込んできた。

稽古において

第三者が、

外側の動きだけ見た場合、

相手の懐に入る動きも

相手を攻撃する動きも

同じように見えるだろう。

そして、

相手を攻撃するとは、

肉体のぶつかり合いに終始し、

お互いが痛い思いをする。

それでは、

相手の懐に入るとは、

どういうことなのか。

それは、

無の状態で、

力を感じずに相手を動かして

いるときだ。

逆に言うと、

相手の懐に入るとき、

欲や我執があると

相手の懐には入れない。

こうして書いてみて、

大東流の型稽古の奥深さに

あらためて

その凄さを感じてしまうのです。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ