自我を無くすとは

稽古では、

無になることを求められる。

そのひとつとして、

自我を無くさなくてはいけない。

こうして、

言葉にすると簡単であるなあ。。(苦笑)

そもそも

自我を無くすとは、

どういうことなのか。。

自我という

今まで無意識のまま

培ってきた自分という型。

なんとなく、

金属製のものを製造する際に

使われるテラコッタの鋳型が

思い浮かんだ。

たしかに、

物作りで使われる鋳型も最終工程で、

叩き割らなくてはならない。

物だけでなく、

そういえば、他の生き物でも

蝶が孵化するときにも殻を破り、

大空へ羽ばたいていく。

卵から孵化するひよこも、

自ら殻を割り鶏へと成長していく。

いつ何時も

自我にとらわれていては、

いつかは敵にやられてしまう。

そこで、

敵に柔軟に対応するために

鋳型(自我)を割り(無くし)、

自由になっている必要がある。

それが、

大東流の稽古で必要とされる

『 無になる。』

ということの

意味のひとつなのかしら。。

秋が急に深まり、

久しぶりに思考モードに

入ってしまいました。(笑)

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い