やり損ねの練磨

筋力を使わずに、

相手を動かす。。

これを復唱して思いませんか?。

筋力がなければ

自ら動くことすらできないだろうし、

ましてや相手を動かすなんて

どうやって?!と。。

大東流も大きく

柔術系と合気系に

分かれると思いますが、

これに取り組んでいるのが

合気系の

私の稽古する道場です。

そして、

筋力を使わずに

相手を動かすためには、

『やり損ねの練磨』

必要なのです。

日々の稽古では、

なかなか思ったとおりにいかない。

最初から最後まで

うまくいくことはほとんどない。

そして、大東流の稽古では、

これが普通。

このような稽古が、

『やり損ねの練磨』につながる

のだと思う。

そんな思ったとおりにいかない

稽古を積み重ねることも

大切なのだと

改めて教えてくれた

『やり損ねの練磨』という言葉。

最近読んだ本に書かれていて、

妙に引っかかっている言葉

のひとつです。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ