top of page

昔読んだ本を

最近、昨年以前に読んだ本を

再読する機会に恵まれている。

というのも、

私は普段は一度手に取った本は、

特別でない限り何度も読み返して

読むことがない。

それが、ここ立て続けに、

以前読んだ本についての読書会

に誘われたり、

今この本を読むといいよと

薦められた本が実は読みかけた

まま本棚にあったりしているからだ。

これが、このような機会を得て、

再読してみると、

まるで初めて読むかのように

初めて入ってくる箇所が多く、

驚きやら情けないやらである。

とくに、

オイゲン・ヘリデルの

名著『弓と禅』は、

5年ほど前に読みかけたまま

棚に眠っていたのだったが、

この度読み返してみると

本質的なところで

大東流の稽古にも通じるところが多く、

稽古で師範が話すことや

私が感じることなどが、

文章化されているようで

驚きながら読みすすんだ。

と、この本の元になった講演は、

今から80年ほど前に行なわれた

らしい。

かなり昔の内容の本だが、

伝えようとしていることは

全く古臭くなく、

現代に生きる私にもすんなりと

受け入れることができる内容が多い

ことに、さらなる驚きがあった。

それにしても、

このような本は、もしかしたら

読み手自身の体験が進まないことには、

本当の意味で読むことができないように

なっているのではないかと、

薄々感じていたのだが、

今回再読してみて、

やっぱりそうなのだな。。

と実感している。

だから、

また、何年後かに読むと

また新たな気づきを与えてくれそう

である。。(笑)

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page