久しぶりに映画を

先週、森達也監督の

新作映画を見に出かけた。

映画の主人公は、

作曲家として有名になりつつあった

佐村河内守氏だった。

その彼の作曲した曲が、

実は新垣氏との共作であったことが発覚し、

世間を騒がせたが、

映画では、その後の彼を撮っていた。

そこには、その当時マスコミで報道された

内容とは異なる当事者の姿や関係性などの

事実が次々と現われていた。

普段マスコミの報道だけを鵜呑みにする

ことはないけれど、

なぜ事実が歪んで伝わってしまうのか

その仕組みがよくわかる気がした。

また映画は、客観的立場で編集されており、

主人公の佐村河内氏に寄っているわけでも

なかった。

主人公に鋭く関わっていきながら

信頼関係を築き同時に

ドキュメンタリー映画監督として

客観性を保つ監督のストイックな姿勢が、

映画の真実性を高めている感じがした。

この日は、

上映後監督の舞台あいさつもあり

直接監督の話を聞くこともできた。

とてもフランクで謙虚なかただった。

それにしても、

二人にまったく興味のなかった

私が、

この映画をみて最後に思ったのは、

もう一度

正々堂々この二人がコラボして

いい曲を創り、

世に出るといいのにね。。

ということだった。

映画のタイトルは、FAKEです。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ