久しぶりに映画を

先週、森達也監督の

新作映画を見に出かけた。

映画の主人公は、

作曲家として有名になりつつあった

佐村河内守氏だった。

その彼の作曲した曲が、

実は新垣氏との共作であったことが発覚し、

世間を騒がせたが、

映画では、その後の彼を撮っていた。

そこには、その当時マスコミで報道された

内容とは異なる当事者の姿や関係性などの

事実が次々と現われていた。

普段マスコミの報道だけを鵜呑みにする

ことはないけれど、

なぜ事実が歪んで伝わってしまうのか

その仕組みがよくわかる気がした。

また映画は、客観的立場で編集されており、

主人公の佐村河内氏に寄っているわけでも

なかった。

主人公に鋭く関わっていきながら

信頼関係を築き同時に

ドキュメンタリー映画監督として

客観性を保つ監督のストイックな姿勢が、

映画の真実性を高めている感じがした。

この日は、

上映後監督の舞台あいさつもあり

直接監督の話を聞くこともできた。

とてもフランクで謙虚なかただった。

それにしても、

二人にまったく興味のなかった

私が、

この映画をみて最後に思ったのは、

もう一度

正々堂々この二人がコラボして

いい曲を創り、

世に出るといいのにね。。

ということだった。

映画のタイトルは、FAKEです。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い