top of page

久しぶりに映画を

先週、森達也監督の

新作映画を見に出かけた。

映画の主人公は、

作曲家として有名になりつつあった

佐村河内守氏だった。

その彼の作曲した曲が、

実は新垣氏との共作であったことが発覚し、

世間を騒がせたが、

映画では、その後の彼を撮っていた。

そこには、その当時マスコミで報道された

内容とは異なる当事者の姿や関係性などの

事実が次々と現われていた。

普段マスコミの報道だけを鵜呑みにする

ことはないけれど、

なぜ事実が歪んで伝わってしまうのか

その仕組みがよくわかる気がした。

また映画は、客観的立場で編集されており、

主人公の佐村河内氏に寄っているわけでも

なかった。

主人公に鋭く関わっていきながら

信頼関係を築き同時に

ドキュメンタリー映画監督として

客観性を保つ監督のストイックな姿勢が、

映画の真実性を高めている感じがした。

この日は、

上映後監督の舞台あいさつもあり

直接監督の話を聞くこともできた。

とてもフランクで謙虚なかただった。

それにしても、

二人にまったく興味のなかった

私が、

この映画をみて最後に思ったのは、

もう一度

正々堂々この二人がコラボして

いい曲を創り、

世に出るといいのにね。。

ということだった。

映画のタイトルは、FAKEです。

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

bottom of page