梅雨のなか

梅雨の真っただ中、

雨が続くと

外出するのが億劫になる。

髪の毛を切りに出かけるのも

ついつい先延ばしにしていたが、

さすがに切らずには

いられなくなり、

ようやく、いつもの店にでかけた。

カットが終わり一息ついて、

気がついた。

それは、

いつもは部屋の隅で、

勢いよく『ピッッ!ピピッ!』

とさえずっているはずの

スズメちゃんの気配が

ないことだった。

スタッフの方に訊ねたところ、

最近、

齢をとってきたせいなのか

毛が抜けて、食欲もなく、

ゲージの下で静かにしているので、

心配で病院にまで、

連れていったとのことだった。

そんな話を聞いたので、

店を出る前に、

ゲージの前まで行って、

元気のないスズメちゃんの

お姿をはじめて拝見した。

そこには、日常私たちが

目にする野生の小刻みに動く

俊敏なスズメとは異なる姿があった。

人間と同じようにジーッとして、

介護が必要であろう姿があった。

スズメにも老年期があるなんて

考えたこともなかった。。

しかし、

よく見ると、

たよりなくではあっても、

羽を膨らませ、枝につかまり

元気になろうとしているのが

わかった。

スズメちゃん、

来月お会いするときは、

元気な気(さえずり)を発して

いてねっ!

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ