top of page

イチローのニュースを見て

先日、

プロ野球選手のイチローが、

日米通算安打記録を更新し、

その会見の模様をニュースで見た。

野球界で数々の偉業を成し遂げ続ける彼は、

成し遂げることが、当たり前かのように

私たちを錯覚させてしまっている。

このニュースにしても当初、

プロ野球に詳しくない私は、

『またイチローが記録を作ったのだな。』

程度にしか思わなかった。(失敬。。)

そんな感じで会見を見ていたところ、

見たこともない陰影のある表情で話している

イチローが居て、

思わず見入ってしまった。

そして、二年半ほど前に放映された

ドキュメンタリー番組で、

彼が語っていたことを思い出した。

40歳を迎えた彼に、

年齢についてインタビュアーが質問をした。

40歳代でプロの野球選手は日本でもあまり

多くない。やはりどう見ても若い方が有利で、

加齢に伴う体力の低下は否めない。

そうした、加齢に伴うネガティブな状況を

どうとらえるのかという内容の質問だったと思う。

今思えば、少し意地悪な質問だ。

その質問に対し、

イチローは、淡々と、

『齢を取ることも、

 変化の一つとして捉えています。

 自分は、その変化に対応していくだけです。』

という内容で答えていた。

老いの恐れを微塵も感じさせない

このイチローの発言が、

なぜか、私の記憶に残っていた。

今を見つめ、

自分を客観し、

変化に対応する。

大東流の稽古の姿勢と、

相通じるものがあるな。。

今回のニュースを通し思い出してみて、

なぜ、あの時のイチローの発言が記憶に

残ったのかが、わかった気がした。

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

bottom of page