イチローのニュースを見て

先日、

プロ野球選手のイチローが、

日米通算安打記録を更新し、

その会見の模様をニュースで見た。

野球界で数々の偉業を成し遂げ続ける彼は、

成し遂げることが、当たり前かのように

私たちを錯覚させてしまっている。

このニュースにしても当初、

プロ野球に詳しくない私は、

『またイチローが記録を作ったのだな。』

程度にしか思わなかった。(失敬。。)

そんな感じで会見を見ていたところ、

見たこともない陰影のある表情で話している

イチローが居て、

思わず見入ってしまった。

そして、二年半ほど前に放映された

ドキュメンタリー番組で、

彼が語っていたことを思い出した。

40歳を迎えた彼に、

年齢についてインタビュアーが質問をした。

40歳代でプロの野球選手は日本でもあまり

多くない。やはりどう見ても若い方が有利で、

加齢に伴う体力の低下は否めない。

そうした、加齢に伴うネガティブな状況を

どうとらえるのかという内容の質問だったと思う。

今思えば、少し意地悪な質問だ。

その質問に対し、

イチローは、淡々と、

『齢を取ることも、

 変化の一つとして捉えています。

 自分は、その変化に対応していくだけです。』

という内容で答えていた。

老いの恐れを微塵も感じさせない

このイチローの発言が、

なぜか、私の記憶に残っていた。

今を見つめ、

自分を客観し、

変化に対応する。

大東流の稽古の姿勢と、

相通じるものがあるな。。

今回のニュースを通し思い出してみて、

なぜ、あの時のイチローの発言が記憶に

残ったのかが、わかった気がした。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い