top of page

霊巌洞

先日機会があり、

霊巌洞を訪れた。

その名のとおり、山の中にある

岩窟だった。

ここで、宮本武蔵がかの有名な

兵法の書である『五輪書』を書いた

とされる場所である。

山中の禅寺の敷地奥にあり、

訪れた時は、人も少なかった。

霊巌洞から眺める景色は素晴らしく

他に人も居なかったので、

坐って少し瞑想をした。

武人が籠っていた場所なので、

もっと荒々しい感じがするのかと

思っていたら、

予想外に、

静かで穏やかな感じで包まれていた。

なんと心地のよい!

この場所で、

五輪書の執筆をはじめた時、

武蔵は齢六十歳であった。

その二年後には、この世を去っている。

もしかしたら、

この場所で、武蔵も、

静かで穏やかな心境にいたり、

晩年を過されたのかもしれない。。

肝心の『五輪書』は、

数年前より、

いつか読もうと思いながら

未だ読めていない私である。

急がずに時期が来たら読もうと

スタンバイの状態が続いている。(笑)

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page