感覚が鋭くなることで

ここ数日、

夜は肌寒い日が続いた。

夕方からの稽古のため家から出て、

歩きながらだんだんと寒さを感じた。

そして、

地下鉄に乗ると、マスクをして咳を

している人を見かけた。

そういえば、私は

ここ数年風邪をひくこともなく、

インフルエンザにも罹っていない。

それは、

大東流の稽古を続けることで、

身体が動くようになり、

病気を寄せ付けない

丈夫な身体になってきたのだな…

とそれまでは、思ってきていた。

ところが、

その時ふと思ったのは、

病気などしない身体になったのは、

稽古により、

感覚が徐々に鋭くなることで、

病気になる前の段階で、

自分の身体の変化(異変)に気づき

対応できているからかもしれない

ということだった。

具体的には、

以前より早く気づくことができ、

睡眠をたくさん摂る、

不足している栄養を多く摂る、

休むなどの簡単な処置で、

病気を回避できていると感じたのだ。

単に

身体が丈夫になってきただけでなく、

『 感覚をとおして、

  病気の予防対策が素早く

    できる身体になってきた 』

ことに、

今更ながら気づいた

今日この頃なのだった。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ