年末年始は、

諫早に帰省してきた弟家族と

一緒に過ごした。

そして、

弟が娘とやっている

『くるりんぱ』遊びが

楽しそうだったので、

私も姪っ子とトライしてみた。

大人であるわたしが、

姪っ子の後ろに立ち

お互いの手をつなぎ、

私は支えとなるべく

そのまま立った状態、

姪っ子は足を宙に浮かせ

身体を回転させる遊びだ。

つないだ手を通して、

お互いがバランスを取りながらの

身体的に高度な遊びのはずなのに

姪っ子は、初めての私とも

笑顔満面のまま、

さっさと私の軸を見つけ出し

頭からそしてお尻からも

なんなく回転する。

すごい!

このお子さまの能力に

本当に驚いてしまった。

そして、数日前の出来事

を思い出した。

それは、

長崎県営バスに

私ひとり搭乗中、

停車したバス亭で、

乗車しようと杖で身体を支えた

もののふんばりが効かず、

一段目のステップで立ち往生して

しまった高齢女性の介添えを

したことだ。

実際に手を差し出すと、

見た目以上に全身をがちがちに

固めていらっしゃった。

これには、只ならぬ懸命さを感じた。

少し手をお貸しすればいいかと

軽く考えていた私は、

これが誤りであることを認識し、

再度下側から両手で抱えた。

その後は、自力で杖を使って

無事席に着席されたので、

私も安堵した。

しかしこうして、

よく思い起こしてみると、

あの時、あの高齢女性には、

軸を見つけることは

できなかった。

軸を使いこなすお子さまと、

軸を失ってしまった高齢者。

身体や感覚が衰えても、

軸を少なからず持っていれば、

身体を痛めてしまうのではないか

と感じる程力む必要もないし、

介助するほうも、やり易い

のではないかと思った。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い