古くて新しい

私にとって、古くて新しいこと

それは、

包丁研ぎである。

それまでは、簡易の包丁研ぎ器を

使っていたが、使用後もたいして

切れ味が変わらない。

いつしか、研ぎ器も使わなくなり、

切れない包丁をそのまま

包丁の角などを駆使しながら使い

続けていた。

ところが、数か月前

この切れない包丁で野菜を切って

いたとき、野菜の繊維が切れるの

ではなく、つぶれる感触がその時は

なぜか

とても違和感として残った。

それまでもそうだったはずなのに。。

そこで、私としては一大奮起し、

できそうもないと躊躇していた

包丁研ぎをするために砥石を購入。

包丁を砥石で研いでみることにした。

そして、恐る恐るやってみると、

意外にもうまく研げたのだった。

刃先もピカピカになり、

紙もスッパリと切れるぐらいにまで

切れ味がよくなった。

思えば、この包丁、

そんな安物でもなかった、

長い間、私が持ち味を引き出せて

おらず、申し訳ない気持ちになった。

それ以降、当然のことながら、

もう切れない包丁を使う生活には

戻れなくなってしまった。

そして、

切れるようになって気づいたこと、

それは、切れ味のよい包丁で

皮を剥くと、薄く剥けるということ。

実感はないけれど、

可食部分が増えている?

はずである。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ