top of page

古くて新しい

私にとって、古くて新しいこと

それは、

包丁研ぎである。

それまでは、簡易の包丁研ぎ器を

使っていたが、使用後もたいして

切れ味が変わらない。

いつしか、研ぎ器も使わなくなり、

切れない包丁をそのまま

包丁の角などを駆使しながら使い

続けていた。

ところが、数か月前

この切れない包丁で野菜を切って

いたとき、野菜の繊維が切れるの

ではなく、つぶれる感触がその時は

なぜか

とても違和感として残った。

それまでもそうだったはずなのに。。

そこで、私としては一大奮起し、

できそうもないと躊躇していた

包丁研ぎをするために砥石を購入。

包丁を砥石で研いでみることにした。

そして、恐る恐るやってみると、

意外にもうまく研げたのだった。

刃先もピカピカになり、

紙もスッパリと切れるぐらいにまで

切れ味がよくなった。

思えば、この包丁、

そんな安物でもなかった、

長い間、私が持ち味を引き出せて

おらず、申し訳ない気持ちになった。

それ以降、当然のことながら、

もう切れない包丁を使う生活には

戻れなくなってしまった。

そして、

切れるようになって気づいたこと、

それは、切れ味のよい包丁で

皮を剥くと、薄く剥けるということ。

実感はないけれど、

可食部分が増えている?

はずである。

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page