歩射祭

先日、以前より気になっていた

志賀海神社に詣でた。

ちょうど、

歩射祭という年の吉凶を占う神事が

行われていた。

タイミング良く居合わせたので、

しばらく見学することにした。

参道で射手が、弓で的を射っている

最中だった。

射手は、若い男性たち。

ただでさえ氷雨の降る寒さの中、

上半身の片側の衣をお付きの者が

はがして、肌が露わになる。

いっそうの寒さと緊張で大きく

身体が震えだした。

こんなに震えていて、

弓がひけるのだろうかと心配に

なるぐらいに。。

ところが、いざ射手が弓をひき

的を狙うと一瞬で震えは消え、

静寂に変わる。

何かが乗り移ったように感じた

一瞬であった。

そして、

無事に矢は放たれ、的に刺さった

のだった。

神事の結果、

今年はどんな年になると

でたのだろうか。。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ