紙のリサイクル

或るとき、市政だよりに掲載された

紙のリサイクルについて

「名刺大の大きさの紙から

 リサイクル回収できる」

ということを知り、

それまでは、

雑誌サイズ以上の大きいサイズの

紙類だけ集めていたのを、

日々発生する小さな紙類も出そうと

集めてまとめるようにした。

例えば、

郵便受けに投函されているチラシ類、

食品や雑貨類を包んでいる紙や小箱、

郵便物は、住所氏名など個人情報部分

は取り去って。

小さな紙類を集め出していると、

だんだん調子に乗ってくる。

そのうち、トイレットペーパーの芯

まで、収納袋に入れるようになった。

最初はトイレで使ったものなので、

衛生面から躊躇があったけれど、

紙資源の観点から見ると

最も適しているのではないかと思い、

続けている。

そして、二か月ほど貯まったものを

町内のリサイクルボックスに持って

行こうと見なおしてみて気がついた。

文字による個人情報はなくても、

どんな商品を食べたり使ったりしているか、

生活情報が満載なので、

町内のリサイクルボックスであれば

どこに住んでいるどんな人なのか

かなりの確率で

特定できそうだということに。

もちろん、実際にそんなことをする人は

いないでしょうが。(笑)

それはまた、

日常生活では、思っている以上に、

紙に密着した生活をおくっていることを

知らしめてくれた。

そして、

ペーパレス化が叫ばれて久しいけれど、

オフィスと違い、生活面では同じようには

いかないのだなと感じたのだった。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ