自我は必要ない

先日稽古が終わったあと、

市内の神社に神楽を観に行った。

神社の能楽殿に入ると、

懐かしく落ち着くような

しかし寛ぐ場所ではない

独特の雰囲気があった。

神楽を観るのは初めてだったが、

この日は、現代風にアレンジ

しているという。

普段は、神楽とは縁のなさそうな

舞踏家や歌い手も舞台に上がるとの

ことだった。

舞踏やダンスをみるのも好きなほう

なので、興味深々だった。

ところが、

いざ始まってみると

神社の能楽殿という場所が

圧倒的に勝っており、

その場所で、

人間が一生懸命に演じようと

動いたり歌ったりすればするほど、

場から浮いてしまうのであった。

ようやく、

雅楽師のかたが歌う御神楽に

場と演者との融合を感じて

聞き入ることができた。

こんなに違いが現れるのだな。。

と初心者ながら観比べてみて

感慨深く思った。

『神の場所に、

 人間の情は必要ない。』

こう、場所が言っているかの

ようだった。

そして、

ふと稽古のことを思った。

技の稽古においても、

自我を無くし、無の状態で

いなければならない。

(これがそう簡単ではない。)

相手を倒してやろう、

もっとしっかり立とう、

という自我は、

技に必要な自然な動きの妨げと

なるからだ。

私が、今回

この神楽を観にきたのは、

『自我は必要ない』

このことを、

もっと理解しろという

メッセージを受け取るためだった

のかもしれないと感じた。

最新記事

すべて表示

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ