自我は必要ない

先日稽古が終わったあと、

市内の神社に神楽を観に行った。

神社の能楽殿に入ると、

懐かしく落ち着くような

しかし寛ぐ場所ではない

独特の雰囲気があった。

神楽を観るのは初めてだったが、

この日は、現代風にアレンジ

しているという。

普段は、神楽とは縁のなさそうな

舞踏家や歌い手も舞台に上がるとの

ことだった。

舞踏やダンスをみるのも好きなほう

なので、興味深々だった。

ところが、

いざ始まってみると

神社の能楽殿という場所が

圧倒的に勝っており、

その場所で、

人間が一生懸命に演じようと

動いたり歌ったりすればするほど、

場から浮いてしまうのであった。

ようやく、

雅楽師のかたが歌う御神楽に

場と演者との融合を感じて

聞き入ることができた。

こんなに違いが現れるのだな。。

と初心者ながら観比べてみて

感慨深く思った。

『神の場所に、

 人間の情は必要ない。』

こう、場所が言っているかの

ようだった。

そして、

ふと稽古のことを思った。

技の稽古においても、

自我を無くし、無の状態で

いなければならない。

(これがそう簡単ではない。)

相手を倒してやろう、

もっとしっかり立とう、

という自我は、

技に必要な自然な動きの妨げと

なるからだ。

私が、今回

この神楽を観にきたのは、

『自我は必要ない』

このことを、

もっと理解しろという

メッセージを受け取るためだった

のかもしれないと感じた。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い