top of page

古の身体感覚

大東流の先人たちが、

代々受け継いできた技が

変遷を経て、

現代の今も、

シンプルな型として

私たちにも稽古できる

ように伝わえられてきている。

しかし、

古の身体と現代の身体では、

基本的な使い方が異なる。

だから、

『現代の身体感覚のままで、

 型稽古をしていても、

 その型の本質は掴めない。』

という内容の対談記事の一節に

目が止まった。

武術とは縁遠いと思われる

ビジネス情報サイトにあった

対談記事だったので、恐らく

私が大東流をやっていなければ、

読んですらないかもしれないし、

読んだとしても何の印象にも

残らず読み飛ばしたかもしれない。

そんな記事だったが、

「なぜ入門当初からやる同じ型を

 何年経ってもやり続けているのか。」

について、改めて考える機会となった。

それは、

同じ型をやり続けることで

『古の身体感覚』

を身体に浸み込ませるためなのだ

と思った。

思えば、

私自身も型稽古を続けるなか、

稽古だけでなく、

日常生活における

不自然な動きまでもが

炙り出され、気づかされ

正した動きがある。

歩き方はもちろんのこと、

箸の運び方、

歯の磨き方、

包丁の使い方、他(これからも続く)

などである。

そして思う、

古の身体の動かし方とは、

『自然に逆らわない動き』

それは、

『動いている本人も楽』

な動かし方なのだ!

最新記事

すべて表示

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

bottom of page