今日は気持ちのいい

先週土曜日は、

朝から仕事で外出する前に、

2年ごとの宅内配管清掃があった。

二人の清掃員の方が来られ、

たまたま同じ年代同士の若い男性

だったせいか、

楽しそうにあうんの呼吸で

作業をしていかれた。

一見大変そうな仕事を楽しそうに

こなす彼らの姿は、

なんかいい感じだった。

それから、

普段はめったに使うことはない、

タクシーに乗ったところ、

しばらくして、運転手が、

「空調はこれでいいですか?」

と聞いてきた。

ふと車の窓上部を見ると

ウィンドウが少し下がっていたので、

空調には、

気をつけているようだった。

そんなところにも気を使うのだなと

感心した。

それだけでなく、

予想以上にスムーズに早く

目的の場所に運んでくれた。

おかげさまで、

気持ちの余裕ができ、

仕事で良いスタートを切ることが

できました。

そして、

仕事が終わり、買い物をする

ためにバスに乗ったところ、

後ろの席にひとり座っていた男性が、

新しく乗車してきたカート持ちの

二人組の男性たちを見てすぐに

気を利かせて席を譲り、

居心地の良い

空気を醸していた。

なんだか、

今日はどうしたのだろう、

不思議と

気持ちのいい人たちや場面に

遭遇するなあ。

でも、これで終わらなかった。。(笑)

買い物を終え、自宅に戻るために

別のバスに乗ったところ、

途中繁華街にあるバス停で、

でたくさんの乗客を

降ろしながら、

バスの運転手が、

「楽しい週末をお過ごしください。。」

と(?!)、

マイクを通して声をかけたのだった。

路線バスの運転手が、不特定多数の

乗客にこのような言葉がけをするのを

初めて耳にした。

私は、軽く驚きながらも

夜の街に楽しそうに向かっていく

人たちを見ているうちに、

この若い男性運転手から自然に

発せられた感の言葉がけに

共感してしまった。

それから、

私が降車する際も、

「気をつけてお帰りください。」

と言葉をかけてくださったので、

普段は無言の私も思わず、

どうもありがとうございます。

と言って降りた。

本当に

この日は、

始まりから終わりまで

ほんのり心温まる

日本の平和を実感した

一日でございました。

感謝。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い