猫の殺気

先日、

自宅を出てすぐの道路の路肩を

歩いていたところ、

遠く離れた反対側の路肩から猫

が近づいてくる。

やけに緊張感を漂わせていると

感じて、よく見ると口に何か

くわえているようだ。

でも何なのか遠くてはっきり

見えない。

何をくわえているのか気になり、

立ち止まって、じっと見ていた。

すると、目線を合わせられる

距離まで近づいたところ、

私のほうを見据え殺気を飛ばし

てきた。

その殺気を感じならが、

思わず笑ってしまった!

なぜなら、

口にくわえていたものが、

雀やねずみなどの捕獲動物ではなく

「ちくわ」だった、

からだ。

『殺気とちくわ』

この落差と、

猫の健気な可愛らしさに

やられてしまったのだ。

しかし、人間が与えたちくわだと

思うけれど、その場で食せずに、

危険を冒してまで、

殺気を飛ばしながら

運ぶ先とはどこなのか。

恐らくその先には、

お腹を空かせた子猫たちが

待っていたのではないかと思った。

それにしても、

あの只ならぬ寄せ付けない殺気、

私も見習わなくては、

と身を引き締めながら、

稽古に向かった。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ