家の飾り棚に

- 家の飾り棚に

  並べ置き、飾っているもの -

大切にしているものだったり、

たまたま置いていたり、

たいしたものではないけれど

なぜか長い間飾っていたり、

と人それぞれの理由で

飾り棚があれば、

何かを置いているはずだ。

実は

家の飾り棚に置いているものは、

置いた人が強い気持ちを抱かず

なんとなく置いていたとしても、

意味があり、

かなりの確率で、

『これから起こる将来に

 関連しているものである。』

のだそうだ。

ざっくり言うと、

家の飾り棚には

未来を暗示したものが、

並んでいるということだ。

私は、このことを知ったときに

大したもの飾っているつもり

はない自宅の棚を思い浮かべた。

そして、

案の定、ピンとこなかった。

それでも、半信半疑のまま

棚に飾っているもの実物を

ひとつずつ検証してみると、

いくつかを除き多くは、

棚に置いた後、

関連した事が起こっていた。

こじつけかもしれないが、

侮れないと思うものもあった。

その中のひとつ、

10年ほど前に、勤務先の後輩に

香港旅行の土産で、

大きな陶製の豚の貯金箱をもらい

ずっと棚に置いていた。

たまに小銭を入れたりして、

貯まったら香港旅行に行くのも

いいかなと漠然と考えていた。

そして、今年8月に

17年住んでいたアメリカを離れ、

妹家族が香港に移り住んだ。

福岡から香港まで

飛行機で4時間ほどなので、

会いに行こうと思える距離である。

そのうち、

この貯金箱を割り、旅費をねん出しよう。

いくら貯まっているか

わからないけれど(笑)

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ