家の飾り棚に

- 家の飾り棚に

  並べ置き、飾っているもの -

大切にしているものだったり、

たまたま置いていたり、

たいしたものではないけれど

なぜか長い間飾っていたり、

と人それぞれの理由で

飾り棚があれば、

何かを置いているはずだ。

実は

家の飾り棚に置いているものは、

置いた人が強い気持ちを抱かず

なんとなく置いていたとしても、

意味があり、

かなりの確率で、

『これから起こる将来に

 関連しているものである。』

のだそうだ。

ざっくり言うと、

家の飾り棚には

未来を暗示したものが、

並んでいるということだ。

私は、このことを知ったときに

大したもの飾っているつもり

はない自宅の棚を思い浮かべた。

そして、

案の定、ピンとこなかった。

それでも、半信半疑のまま

棚に飾っているもの実物を

ひとつずつ検証してみると、

いくつかを除き多くは、

棚に置いた後、

関連した事が起こっていた。

こじつけかもしれないが、

侮れないと思うものもあった。

その中のひとつ、

10年ほど前に、勤務先の後輩に

香港旅行の土産で、

大きな陶製の豚の貯金箱をもらい

ずっと棚に置いていた。

たまに小銭を入れたりして、

貯まったら香港旅行に行くのも

いいかなと漠然と考えていた。

そして、今年8月に

17年住んでいたアメリカを離れ、

妹家族が香港に移り住んだ。

福岡から香港まで

飛行機で4時間ほどなので、

会いに行こうと思える距離である。

そのうち、

この貯金箱を割り、旅費をねん出しよう。

いくら貯まっているか

わからないけれど(笑)

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い