講演を聞きに

先週、稽古が終わったあと、

市芸術祭のイベントで、

画家・俳優でもある榎木孝明氏の

話を聞きに行った。

会場は満席の大盛況で、

私は立ち見させていただいた。

榎木氏と言えば、

今年、30日間食事をせずに過ごした

ことでも話題になった。

講演でも冒頭より、この話をされた。

話によると、

以前より仕事などで、タイミングが

合わず食事をしなかったときに、

頭が研ぎ澄まされしかも心地よいと

感じることが多かったことが

きっかけだったようだ。

そして、もっとやってみようと

悪戯心が湧いてきてのチャレンジで、

苦行や修行のためではなかった。

不食期間中は、肌つやもよくなり、

脳も活性化、腰痛や膝痛もピタッと

止まるなど、たくさんの恵みがあった

そうだ。しかし、元の食生活に戻すと

また腰や膝の痛みも一緒に戻ってき

てしまったそうだった。

今回のこうした体験を踏まえて、

もしかしたら現代は食べることで

病気になる時代なのかもしれないと

話されていたのが、印象的だった。

だからといって、

決して食べないことを奨励されていた

わけではなかったのでご安心を。(笑)

ただ、食事のとり方については、

規則正しくではなく、

『 自分の身体の声を聞きながら

  食事を摂ったほうがいい 』 と、

仰っていた。

たしかに、

「1日3食、規則正しく食べること」

一見健康に良さそうな習慣も、

見方を変えると、

「食べたくなくても食べる習慣」。

これでは、

身体に負担がかかりそうだ。

最後に、古武術もされているそうで

家庭の介護にも使えるという体術の

実演のおまけもあった。

まじめそうな顔立ちの榎木氏は、

思いのほか、

ひょうきんな自由人だった。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い