講演を聞きに

先週、稽古が終わったあと、

市芸術祭のイベントで、

画家・俳優でもある榎木孝明氏の

話を聞きに行った。

会場は満席の大盛況で、

私は立ち見させていただいた。

榎木氏と言えば、

今年、30日間食事をせずに過ごした

ことでも話題になった。

講演でも冒頭より、この話をされた。

話によると、

以前より仕事などで、タイミングが

合わず食事をしなかったときに、

頭が研ぎ澄まされしかも心地よいと

感じることが多かったことが

きっかけだったようだ。

そして、もっとやってみようと

悪戯心が湧いてきてのチャレンジで、

苦行や修行のためではなかった。

不食期間中は、肌つやもよくなり、

脳も活性化、腰痛や膝痛もピタッと

止まるなど、たくさんの恵みがあった

そうだ。しかし、元の食生活に戻すと

また腰や膝の痛みも一緒に戻ってき

てしまったそうだった。

今回のこうした体験を踏まえて、

もしかしたら現代は食べることで

病気になる時代なのかもしれないと

話されていたのが、印象的だった。

だからといって、

決して食べないことを奨励されていた

わけではなかったのでご安心を。(笑)

ただ、食事のとり方については、

規則正しくではなく、

『 自分の身体の声を聞きながら

  食事を摂ったほうがいい 』 と、

仰っていた。

たしかに、

「1日3食、規則正しく食べること」

一見健康に良さそうな習慣も、

見方を変えると、

「食べたくなくても食べる習慣」。

これでは、

身体に負担がかかりそうだ。

最後に、古武術もされているそうで

家庭の介護にも使えるという体術の

実演のおまけもあった。

まじめそうな顔立ちの榎木氏は、

思いのほか、

ひょうきんな自由人だった。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ