稽古6年目に入り

大東流合気柔術の稽古をはじめて

から、今月で6年目に入った。

この間、現在もそうだが、

技の稽古をとおしての気づきは、

稽古をしている時だけではなく、

生活全般に及んでいる。

これが、

稽古の時だけで終わっていれば

恐らくこんなに長くは、続けて

いなかっただろうと思う。

武術や格闘技というと、

私たちが思い浮かべるのは、

敵や相手に対する護身術ではない

だろうか。

それでは、

武術と格闘技のちがいは何なの

だろうか。

以前、とある本で、

『武術は、

護身術といった外側だけではなく、

自分の身体の内側にある病気や、

不調を治癒し、生命力を強化する

よう工夫されている 』

との記述を読んだことがある。

人それぞれあると思うが、

私は、これを読んだときに、

本当にそうだなと共感した。

こうした、身体を通した内側と外側の

気づきがあり、そのありがたみに幸せ

を感じながら、続けてこられたのだと

感じる。

これからも、技の習得には、

今までもそうであったように、

山あり谷あり、

大きな壁もあるだろうが、

その時々の気づきを大切にして

人生に活かしていこうと思う。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い