top of page

真っ暗闇での感覚

先日、佐賀市で開催された

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク

という『暗闇ワークショップ』に参加した。

非常灯の明かりすらない、

完全な暗闇のなか、

視覚障害者のアテンドで

参加者がグループになり、

会場内でイベントをこなすのだ。

ここまで真っ暗だとは思わず、最初

途方に暮れかかった。

白杖を渡され、手にしたものの、

こんな真っ暗の中で、しかも自分以外

のひとと一緒に何ができるのだろう。

そして、日常生活では、想像以上に

視覚をたよっていることに気づく。

このように私も含めた初参加の健常者が、

突然の真っ暗闇にびびっているなか、

アテンドではない視覚障害の参加者のかたが

悠然と話されていて、とても頼もしく

感じたのだった。

まるで、日頃の立場が逆転したかのようで

痛快に感じた。

それでも、お互いが

聴覚(声や言葉)、触覚(手触りや足触り)

を駆使して状況を把握しながら、

コミュニケートすることで、

徐々に安心感が高まり、暗闇にも慣れ、

さきほどの不安からリラックスに変わる。

『人間の慣れる能力』の

素晴らしいあつかましさ(笑)を感じた。

70分間、さまざまなイベントを協働でこなし、

無事終了した。

最後、

白日のもと顔合わせをしたところ、

暗闇の中で抱いた人物像と見た目に随分差を

感じる方もいて、視覚の不確かさも実感できた。

『ダイアローグ・イン・ザ・ダーク』

東京、大阪では常設店舗があるそうなので、

視覚が使えない暗闇で起こる感覚の

おもしろさを体験してみてはいかがですか。

ぜひ、おすすめです!

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

bottom of page