top of page

真っ暗闇での感覚

先日、佐賀市で開催された

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク

という『暗闇ワークショップ』に参加した。

非常灯の明かりすらない、

完全な暗闇のなか、

視覚障害者のアテンドで

参加者がグループになり、

会場内でイベントをこなすのだ。

ここまで真っ暗だとは思わず、最初

途方に暮れかかった。

白杖を渡され、手にしたものの、

こんな真っ暗の中で、しかも自分以外

のひとと一緒に何ができるのだろう。

そして、日常生活では、想像以上に

視覚をたよっていることに気づく。

このように私も含めた初参加の健常者が、

突然の真っ暗闇にびびっているなか、

アテンドではない視覚障害の参加者のかたが

悠然と話されていて、とても頼もしく

感じたのだった。

まるで、日頃の立場が逆転したかのようで

痛快に感じた。

それでも、お互いが

聴覚(声や言葉)、触覚(手触りや足触り)

を駆使して状況を把握しながら、

コミュニケートすることで、

徐々に安心感が高まり、暗闇にも慣れ、

さきほどの不安からリラックスに変わる。

『人間の慣れる能力』の

素晴らしいあつかましさ(笑)を感じた。

70分間、さまざまなイベントを協働でこなし、

無事終了した。

最後、

白日のもと顔合わせをしたところ、

暗闇の中で抱いた人物像と見た目に随分差を

感じる方もいて、視覚の不確かさも実感できた。

『ダイアローグ・イン・ザ・ダーク』

東京、大阪では常設店舗があるそうなので、

視覚が使えない暗闇で起こる感覚の

おもしろさを体験してみてはいかがですか。

ぜひ、おすすめです!

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page