真っ暗闇での感覚

先日、佐賀市で開催された

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク

という『暗闇ワークショップ』に参加した。

非常灯の明かりすらない、

完全な暗闇のなか、

視覚障害者のアテンドで

参加者がグループになり、

会場内でイベントをこなすのだ。

ここまで真っ暗だとは思わず、最初

途方に暮れかかった。

白杖を渡され、手にしたものの、

こんな真っ暗の中で、しかも自分以外

のひとと一緒に何ができるのだろう。

そして、日常生活では、想像以上に

視覚をたよっていることに気づく。

このように私も含めた初参加の健常者が、

突然の真っ暗闇にびびっているなか、

アテンドではない視覚障害の参加者のかたが

悠然と話されていて、とても頼もしく

感じたのだった。

まるで、日頃の立場が逆転したかのようで

痛快に感じた。

それでも、お互いが

聴覚(声や言葉)、触覚(手触りや足触り)

を駆使して状況を把握しながら、

コミュニケートすることで、

徐々に安心感が高まり、暗闇にも慣れ、

さきほどの不安からリラックスに変わる。

『人間の慣れる能力』の

素晴らしいあつかましさ(笑)を感じた。

70分間、さまざまなイベントを協働でこなし、

無事終了した。

最後、

白日のもと顔合わせをしたところ、

暗闇の中で抱いた人物像と見た目に随分差を

感じる方もいて、視覚の不確かさも実感できた。

『ダイアローグ・イン・ザ・ダーク』

東京、大阪では常設店舗があるそうなので、

視覚が使えない暗闇で起こる感覚の

おもしろさを体験してみてはいかがですか。

ぜひ、おすすめです!

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い