詣でるときの礼儀

先月、本部の課外稽古で

大分の宇佐神宮を訪れたあと、

少し普通ではないことが続いた日、

と、あるかたのブログを見ていて、

「神社仏閣に行くときは、最低でもその

場所の神さまや歴史のことを知っておく

ことは最低の礼儀です。」

を目にしたときに、

! これだと感じた。

今までパワースポットなどに興味なく、

なんとなく訪れてしまっていたが、

これではいけなかったのだと悟ったの

だった。

それから、ここ数年訪れた神社について

調べてみると、

宇佐神宮もそのひとつで、、

神功皇后や神功皇后に近い人々を祀って

いる神社に寄らせていただいていたこと

がわかった。

そして、少し調べてみようと本を借りて

いまゆっくり読みすすめていると、

神功皇后の九州での足跡は、

私が育ったところと近くて、

大変失礼ではありますが、

親しみが湧いて参りました。

あまりこういう歴史本など読んだことが

ない私ですが、自ら育った場所と関連が

あることで興味を持って読み進めそう

です。

こんな、楽しみもあるのですね。(笑)

それにしても、

今度からは、事後ではなく事前に調べて

失礼のないよう詣でようと思う。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ