開発の余地充分あり

立秋を過ぎたとはいえ、

まだまだ本当に暑いですね~。(笑)

さて、

少し前から、固まった腰を

緩めるべくストレッチを続けている。

すると、

最近、肩甲骨のあたりや背骨が

ポキポキ鳴るのだ。

直接動かしているのは、

腰回りだけれど、胸に近いところの

背骨がポキポキ鳴るということは、

腰回りというのは、上半身しかも頭に近い

ところにも影響を与えるぐらい大きい

ということなのだ。

そして、このポキポキは気持ちがいい。

ストレッチをしながら、腰回りが

上半身に与える重要性を改めて実感する。

それから、

足の指も一本一本ストレッチしている。

今夏はストラップだけのサンダルを履いて

いるので、足の指先も自由にさせている。

さらに、ストレッチを加えることで、

以前より、足の指が長くなってきて

存在感がでてきたな、と感じる。

まるで、動かされることを待ち望んで

いたかのような喜びがあるのを感じる。

「現代人の身体は、そのほとんどが

使われないまま、衰えている。」

以前読んだ心理学者の本の一節が

思い起こされる。

これが本当だとすれば、

なんて!

もったいない残念ではないか。

しかし逆を言えば、

自分の身体に対して、

少しでも意識的に取り組めば、

まだまだ開発できる余地はふんだんに

ある、ということでもある。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ