スーパーのレジで

先日、

スーパーのレジ待ちをしていたところ、

前に小学生の男の子ふたりが

アイスキャンディを持って、

同じように並んでいた。

しかし、大人のように静かではなく、

ふたりで元気な声で話していて、

どうも選びに選んだアイスのようだった。

それを今から食べられるうれしさが

溢れでていて、じっとしていられない。

小刻みに動くさまは、生き生きとしていて、

微笑ましかった。

ところが、

いざレジで精算しようとしたら、

「1円」足りない!

そのうれしさが、一気に引いていくのが、

私にもわかった。

頭が真っ白になってしまったように

ふたりともボカンとしていた。

レジ係の女性も、気の毒そうにするものの、

どうしようもない感じだ。

傍目にも残念なので、

「 私が出しますよ。」

と申し出たところ、

正気に戻った男の子たちは、

健気に軌道修正して、

すぐにレジをキャンセルして、

食べようとしていたアイスを

戻しに売り場に去っていった。

それにしても、当たり前だけれど、

日本のレジは1円たりとも融通が

利かせられないシステムだ。

普段は、これでいいと思うのだが、

場合によっては、

それを運用する大人の適宜な判断で、

少しぐらいは調整できれば、

もっと人間的なシステムになる

だろうに、と感じた。

たかだか1円で、こどもとはいえ

お客様をあんな残念な気持ちに

させてはいけない。

そして、

私が若い頃、海外に住んでいた時

のことを思い出した。

夏の日差しが強いところだったので、

デパートにサングラスを買いに行った。

お店でいくつか耳にかけてみて、

試しながら、デザインと予算の両方

に合うものを選ぼうとしていたところ、

わずかに現金が足りなかった。

どうしようかと考えていたら、

店員が状況を察知して、

こっそり顔を近づけてきて、

小声で、

「予算はいくらなの?」

と聞いてきた。

答えると、

それぐらいだったら

まけてあげるわよと

にっこり笑った。

私もこの展開は、

予想していなかったので、

この店員の粋な計らいに

とても救われたのだった。

そして、そのあとも長く

そのサングラスを

大切に使った。

そんなことを、思い出した。。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ