庭の自然との関係

昨年の今頃、

私が、諫早に帰省したときに、

父が木の枝を切っていた。

家の周囲を囲んでいる生垣の木で、

しかも脚立を使いながらの作業で

大変である。

見守りながらも、私のすることは

切り落とした枝や葉をかき集めて

一輪車に乗せて、庭の一角に

まとめ置く位だった。

やってみて驚いたのは、

『切られてすぐの枝や葉は、

柔らかく温かい。』

ということだった。

何回も繰り返していると、それが

よく伝わってきて、さきほどまで

血が通っていたものを運んでいる

かのような生温かさに感じてきた。

しかし、それは決して残酷な

感じではなかった。

30年以上も父が手をかけてきている

せいか、切られた枝葉もうれしそう

ですらある。

そして、

私が知らない間に、

父はこのような友好関係を

庭の木々たちと結んできていたのだな…

と感じた。

最近読んだ本に、

自分の庭にある土や植物と交流して、

その関係を確立している人は、

あらゆる病気を自分の身体から追い出す

ことができるらしい。

                …

との一節を読み、

すぐに父の姿が浮かんできた。

たしかに、

以前にもブログに書いたが、

父は庭に常駐するここ数年、

庭の自然に頼りにされ、

年老いてさらに、

元気である。(笑)

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ