top of page

庭の自然との関係

昨年の今頃、

私が、諫早に帰省したときに、

父が木の枝を切っていた。

家の周囲を囲んでいる生垣の木で、

しかも脚立を使いながらの作業で

大変である。

見守りながらも、私のすることは

切り落とした枝や葉をかき集めて

一輪車に乗せて、庭の一角に

まとめ置く位だった。

やってみて驚いたのは、

『切られてすぐの枝や葉は、

柔らかく温かい。』

ということだった。

何回も繰り返していると、それが

よく伝わってきて、さきほどまで

血が通っていたものを運んでいる

かのような生温かさに感じてきた。

しかし、それは決して残酷な

感じではなかった。

30年以上も父が手をかけてきている

せいか、切られた枝葉もうれしそう

ですらある。

そして、

私が知らない間に、

父はこのような友好関係を

庭の木々たちと結んできていたのだな…

と感じた。

最近読んだ本に、

自分の庭にある土や植物と交流して、

その関係を確立している人は、

あらゆる病気を自分の身体から追い出す

ことができるらしい。

                …

との一節を読み、

すぐに父の姿が浮かんできた。

たしかに、

以前にもブログに書いたが、

父は庭に常駐するここ数年、

庭の自然に頼りにされ、

年老いてさらに、

元気である。(笑)

最新記事

すべて表示

TV番組に

久しぶりの投稿です。 突然ですが、 明日夜19:00から TV朝日番組 出川一茂ホランフシギの会に、 古賀武光師範が出演されます。 気で人を投げる達人として 紹介されるようです。 大東流合気柔術光道で稽古し、 古賀師範の技を間近に 見ている門下生であれば、 納得のいくキャプションかと 思われます。 しかし、 ゴールデンタイムの全国放送番組で、 どのような編集がされているのか どういう反響があるのか

草刈り

今朝はいつもと違う 少しひんやりした空気でした。 まだまだ暑さも続きそうですが、 確実に自然は秋へ 向かいつつあるなぁと感じます。 自然が一歩先に秋に入りつつあるなか、 遅れて人間社会の夏があるようです。 そういう意味では、田舎に住んでいると 両方を味わえてお得ですね。(笑) それにしても、 夏は草木の成長が著しい、 私にとっては草刈りありきの日常、 普段よりも天気を気にしながらの生活です。 また

みること

春が一気にすすんで 菜の花が開花しているのを 見て楽しむだけでなく、 今年は摘んで炒め、 食したりしています。 さて、 大東流の稽古では、 「みる」ことが 大事ですが、 これがやってみると 実は、 「みているつもり」 の場合がほとんどです。 これを実感し、 自身の人生を 振り返ったときに、 今まで長い間 なんとなくみて 生きてきたのだなと、 愕然とします。 そして、 慎重さが必要であることを 知ら

bottom of page