top of page

早朝、諫早で

先日、諫早の実家で

早起きし、天気もよかったので、

庭で身体を少し動かしていた。

すると、しばらくして

ツバメが、いつもは見かけない私を

偵察するかのように、身体スレスレを

空間を切り込むかのように

「ヒュンッヒュンッ」と何度か飛んで

きては、去っていった。

その様を見ながら、

この辺りにもツバメがいるのなら、

この家の軒下にでも巣を作ってもよさ

そうな、感じがするのになあ…

と思った。

そうして、軒下に目をやったところ、

「ハッ!」

軒下は別のもので占拠されていた。

畑で採れた玉ねぎたちが、

吊るされていた。

それだけであれば、別に珍しくも

ないけれど、その軒下の玉ねぎたちは、

吊るされたままかなり成長しており、

軒下が、緑で覆われたようになっていた。

土に植えなくても、ここまで成長する

のか、といった感じである。

まるで、

『玉ねぎのエアプラント』だわ!(笑)

そして、

このように、生命力が発揮されつつある

ものがそばにあると、ツバメも落ち着かず、

巣をつくろうという気には、

ならないだろうなと、

少し、気の毒な感じもした。

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page