突き続ける

『突き』

最近、

この技に行き詰っている。

自らの両手で、

相手を宙で突く形で差出して、

相手に手首を掴ませ、

掴ませたままさらに突く。

本当に単純な技である。

しかも、入門当初からやっている

基本中の基本の技なのに…である。

それが、最近めっきり、

先生や先輩をなかなか突くことが

できない。

突けていないとき、

自分の殻の中で懸命にもがいている

だけで、殻の外側には、全く影響を

与えていないさまにハッと気づく。

なんともやるせない状況が続く。

この状態から意識的に外にでる術を

自ら見出すのに何をしたらいいのか。

これは私の身体が、

理解するかどうかということなので、

私の頭が考えても、あまり意味がない

かもしれない。

がしかし、こうして書きながら、

振り返ってみると、

うまく突けてない自分にとらわれて、

あきらめている自分がいるせいか、

最近、突いている意識が短い気がした。

突きという動作を、

もっと永く、

『突き続ける意識』をもって

突いてみよう、と思う。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ