自然との距離感

諫早での稽古は、

諫早市武道館の柔道場でやっている。

この武道館が建っている場所一帯は、

昔武士たちが生活をする陣屋があった

場所だそうだ。

そんな由緒ある場所で、稽古できている

ことに、とてもありがたく思う。

そして、

道場までの往復の道のりは、徒歩。

御書院そばの小道を歩くのがいつも

楽しみである。

小道のとなりは、諫早高校と付属中学

がある。その昔、諫早の殿様がお住まい

になっていた場所でもあり、その一部

回遊式庭園と建物が残されている。

とくに庭園にある樹齢500年を超える

と言われるクスノキが作り出す空間は、

いつも魅惑的である。

そして、小道をはさんだその反対側は、

用水路が流れている。これも200年も前

から整備されているからかもう自然の小川

のような、たたずまいだ。

何度かカワセミを見かけたし、シラサギも

魚を採って飲み込んでいた。

今週は、川岸に小さな光がふわふわとし

ているので何かと思ったらホタルが浮遊

していた。もしかしたら、上流にある

諫早公園でホタルを育てているので、

それが流れてきたのかもしれない。

(もう蛍の季節なのですね!)

ほんとうに、街中なのに

すぐそばで生き物たちの営みを垣間見る

ことができる。

諫早に常住していると当たり前の距離感

かもしれないけれど、人と自然の距離が

断然近いことにいつも驚く。

また、このあたりを縄張りにしている

外猫たちもいる。

見かけて声をかけると、彼らは必ず

こちらを見て、『にゃ』と言って挨拶する。

人間よりも礼儀正しい。(笑)

そして、触って欲しいときには近寄って

くる。

先日は、私の袴にまとわりつき、帰宅し

袴をなおそうとしたら裾が毛だらけになって

しまっていた。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い