そのままが、ある

武道や武術、格闘技などにほとんど興味の

なかった私が、

大東流の稽古をもう5年も続けている。

続けられている理由のひとつとして、

それは、

稽古の場が、気持ちよいからだ。(笑)

なぜなら、

『嘘のないリアリティが、そのままある。』

ことを実感できる場所だからだ。

どういうことかというと、

型稽古での動きに、自分のその時の状態や

習慣化された思考が現れるのだ。

その中には、日頃自分ではあまり表に出した

くないと思っているところも現れてしまう。

そして、それを隠そうとすると、

『ごまかし』が現れる。

ごまかしが現れるとき、隠そうとしていた

ものも同時に露わになる。

それは、あまり認めたくはない自分を

晒すだけよりも、

恥ずかしい。

また、日頃私たちは、

表向き円滑な社会生活を送ろうと努力する

ことで、多かれ少なかれ、ごまかしながら、

生活をしている。

もしかしたら、

その不自然な努力を、木端微塵にされる

場所であるのかもしれない。

最近では、爽快感すら感じるけれど、

まだまだ晒すものがあるだろうと思うと、

何がでてくるのやら?

………

楽しみである。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ