外国人のかたが

最近、身近な生活圏内に外国人のかたが多く

なってきた。

それは、

一時的な観光目的で訪れているのではなく、

生活している外国人が増えたという感じで、

今まで見かけないローカルな場所で姿を

見かけるようになったからだ。

たとえば、

居住している人しか行かないであろうお店で

商品を買っているどころか、店員として商品

の陳列をされていたり、レジで受け付けを業務

をこなしていたり、頻繁に見かけるようになった。

日本語もかたことなりに上手く話が通じるし、

感じもよく、馴染んでいる。

また先日、

コンビニのレジで並んでいたところ、

となりのレジ担当が、若い男性の東南アジア系

外国人だった。

そして、収入印紙のやり方がわからずに、

私が並んでいたレジ係の30代位の女性に

やり方を教えてもらおうと、横からたずねてきた。

私も含め何人かの大人が並んで待っており、

その大人たちの視線を浴びつつも、彼の表情は、

素直で明るく真剣で、卑屈さがない。

やり方を教わるとすぐに納得して、自分のレジ

に戻った。

まるで初めて見るような光景だった。

その清々しい態度は、ただ感じがいいとうだけ

ではなく、ジェンダーバイアスのなさを物語って

いたからだった。

日本では、

それが未だ、普通にあるということを、

彼は、教えてくれた。

これからは、九州で生活していながら、

このように、異文化にさらされ気づきを得る

機会が増えそうである。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ