外国人のかたが

最近、身近な生活圏内に外国人のかたが多く

なってきた。

それは、

一時的な観光目的で訪れているのではなく、

生活している外国人が増えたという感じで、

今まで見かけないローカルな場所で姿を

見かけるようになったからだ。

たとえば、

居住している人しか行かないであろうお店で

商品を買っているどころか、店員として商品

の陳列をされていたり、レジで受け付けを業務

をこなしていたり、頻繁に見かけるようになった。

日本語もかたことなりに上手く話が通じるし、

感じもよく、馴染んでいる。

また先日、

コンビニのレジで並んでいたところ、

となりのレジ担当が、若い男性の東南アジア系

外国人だった。

そして、収入印紙のやり方がわからずに、

私が並んでいたレジ係の30代位の女性に

やり方を教えてもらおうと、横からたずねてきた。

私も含め何人かの大人が並んで待っており、

その大人たちの視線を浴びつつも、彼の表情は、

素直で明るく真剣で、卑屈さがない。

やり方を教わるとすぐに納得して、自分のレジ

に戻った。

まるで初めて見るような光景だった。

その清々しい態度は、ただ感じがいいとうだけ

ではなく、ジェンダーバイアスのなさを物語って

いたからだった。

日本では、

それが未だ、普通にあるということを、

彼は、教えてくれた。

これからは、九州で生活していながら、

このように、異文化にさらされ気づきを得る

機会が増えそうである。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い