鐘崎まち歩き

先週末は、宗像市鐘崎に住む知り合いが、

町おこしのイベントを企画したので参加した。

鐘崎漁港を出発し、周辺を徒歩で巡った。

古くから海からの恵みで町が成り立っているせいか、

ワンブロックごとに恵比寿さまが祀られている。

よく見ると、仏さまお地蔵さま招き猫もいる

なんでもありの自由な感じであった。(笑)

それから、

玄界灘に面した宗像五社の一つでもある

織幡神社を詣でた。

石段を上がった丘の頂上にお宮があり、

玄界灘を一望できる眺めのいい場所であった。

昔のひとが、この場所から海の状況を把握して

いたのだなあと、思わせるところでもあった。

また、ちょうど神社の入り口では、

地元の「四十四賀」という厄除け祭りの山車が

出発するところで、厄年を迎える仮装した男女や

家族やら近所のひとやらで、賑わっていた。

そして、山車についていきながら、

振る舞い酒とつまみ(するめ・いりこ・昆布)

をいただいた。

和やかなお祭りであった。

それから、港に停泊している漁船に乗せてもらい

船内を見物した。

採る魚は、一船一種類だと思っていたら、

そうではなく、採る魚の種類によってアタッチメント

を変え、漁場にでるとのことだった。

陸上で例えると、ウニモグのようだなと思い、

こっそり笑った。

(すみません、マニアックで。。。)

最後に、織幡神社の岩場に生息している

『ミサゴ』(別名:魚鷹)という魚を捕食する鳥

について説明があった。

ミサゴは、上空から海中を泳ぐ魚を捕えるときに、

魚の後方より近づき捕えると、捕えたまま魚を海中

で泳がせ、その推進力を生かして上空に引き上げ

るということだった。

下手をすれば、海中に引きずり込まれかねない

リスクを伴う技だが、こうした相手の力を活かす

というのが、大東流の技にも通じるように感じて、

とても興味深かった。

鐘崎は、

自然と人と神さまが、

睦まじく共生している

そんな豊かなところであった。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い