鐘崎まち歩き

先週末は、宗像市鐘崎に住む知り合いが、

町おこしのイベントを企画したので参加した。

鐘崎漁港を出発し、周辺を徒歩で巡った。

古くから海からの恵みで町が成り立っているせいか、

ワンブロックごとに恵比寿さまが祀られている。

よく見ると、仏さまお地蔵さま招き猫もいる

なんでもありの自由な感じであった。(笑)

それから、

玄界灘に面した宗像五社の一つでもある

織幡神社を詣でた。

石段を上がった丘の頂上にお宮があり、

玄界灘を一望できる眺めのいい場所であった。

昔のひとが、この場所から海の状況を把握して

いたのだなあと、思わせるところでもあった。

また、ちょうど神社の入り口では、

地元の「四十四賀」という厄除け祭りの山車が

出発するところで、厄年を迎える仮装した男女や

家族やら近所のひとやらで、賑わっていた。

そして、山車についていきながら、

振る舞い酒とつまみ(するめ・いりこ・昆布)

をいただいた。

和やかなお祭りであった。

それから、港に停泊している漁船に乗せてもらい

船内を見物した。

採る魚は、一船一種類だと思っていたら、

そうではなく、採る魚の種類によってアタッチメント

を変え、漁場にでるとのことだった。

陸上で例えると、ウニモグのようだなと思い、

こっそり笑った。

(すみません、マニアックで。。。)

最後に、織幡神社の岩場に生息している

『ミサゴ』(別名:魚鷹)という魚を捕食する鳥

について説明があった。

ミサゴは、上空から海中を泳ぐ魚を捕えるときに、

魚の後方より近づき捕えると、捕えたまま魚を海中

で泳がせ、その推進力を生かして上空に引き上げ

るということだった。

下手をすれば、海中に引きずり込まれかねない

リスクを伴う技だが、こうした相手の力を活かす

というのが、大東流の技にも通じるように感じて、

とても興味深かった。

鐘崎は、

自然と人と神さまが、

睦まじく共生している

そんな豊かなところであった。

最新記事

すべて表示

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ