SNSこんなこ

前月メールをチェックしていると

身に覚えのない人からfacebookの

友達申請メールが届いていた。

エジプトのカイロから?!

なんかの間違いだろうと思いながら、

送り主のアルファベット名を見たところ

ファーストネームが日本人風であったので、

もしかしたら知り合いかと思い

facebookのページを確認した。

写真もみたけれど、知らない女性だった。

しかし、ページに載せていた情報で、

大変共感するものがあったので、

『ま、いいか‥。』

と思い友達になった。

すると、次の日にその女性から

英語でメッセージが届いていた。

恐る恐る読んでみたところ、

カイロ在住のその女性は、

なんと!

私の妹の元同僚であった。

facebookで当時の妹と同じ苗字の

私を見つけ、もしかしたら妹のことを

知っている親戚かもしれないと思い、

私に友達申請してきたのだった。

そして、よろしければ妹の連絡先を

教えて欲しいとのことだった。

   〓 こんなことも

       あるのだなあ。。 〓

そして、時差の関係でなかなか

つながらない妹にやっと繋がり、

英語でメッセージが来たことを、

電話で話したところ、

『たしか、

彼女はお父さんがギリシャ人でもう永く

日本に住んでいないはずだから英語で

返事したほうがいいよ。』

と普通に言う。

その普通さが、私には脅威であった。

『え?英語で返事?!』。。

結局、辞書を使いながら、

アメリカとエジプトに住むふたりの間を

取り持つため、慣れない英語で返事をだした、

私だったのでした。。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ