dance の動き

先日、

舞踏系の新作ダンスを見に出かけた。

舞台といっても古いコンクリアパート

の内装をごっそり剥がしてしたてた

スタジオで小ぢんまりとした場所で

あった。

おかげさまでそこは、

観客とダンサーとの距離も物凄く近く

動きだけでなく息遣いまでが感じられる

緊張感のある空間であった。

舞台にいる4人のダンサーの動きを

傍で見ているとだんだんとひとりひとり

の特徴がわかるようになり興味深かった。

そして、公演が終わったあとダンサーへの

インタビューで、彼らは日頃ミュージカル、

日舞など別々の場でプロとして活動をして

いるとのことだった。

やはり、ひとりひとりの違いは、個性だけ

でなく日頃の活動の場の違いによるもの

も大きいのだろうなと感じた。

大東流も武術としての動きがあるが、

ダンスとの違いは何だろうか。。

なんとなくではあるが、

今回観ていて、

『ダンスは、

ダンサー自身よりも

ダンサーが創り出す動きに

魂が宿るのだなあ。。』

そう、感じた舞台であった。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ