top of page

何気ないところに

久し振りに百貨店に設置されている

一階から三階までの長いエスカレータ

を利用した。

もちろん、手すりにつかまることなく、

普通のエスカレータを利用するときと

同じように。。

実を言うと、入門する前の私は、

この長いエスカレータが苦手であった。

当時ヒールのある靴を履いていたせい

もあるのだが、エスカレータの半分

(ちょうど二階のところ)辺りで

エスカレータから落ちてしまいそうな

不安を感じていたからだった。

しかも、最初から手すりにつかまって

いたにもかかわらず。。

そして、『危ないな…』と思いながら

周りを見渡すのだが、皆リラックスした

表情で、私のように危険を感じている人

はいなさそうであった。

それでも、まだ足腰しっかりしている

はずの私ですら落下しそうになるのに、

ご年配の方々だと利用できないサービス

なのでは?

とか、

そもそも、階下から見上げるとかなりの

勾配もあるし、危ないですよ。

などと、店の方に言うわけではないが、

こっそり余計なお世話を焼いていた。

今思えば、当時身体バランスが崩れて、

長いエスカレータに乗っている時間すら

バランスを保つことができなくて、

危険を感じていたのだろう。

そんな私も、いつの間にか

今では危険を感じることなく、普通に

利用できている。

日常生活のこうした何気ないところにも

稽古を通しての成果が現れ、生活の質

が少しずつ上がるのだ。

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page