top of page

思わぬ自然に

昨日、諫早での午前の稽古に

向かう途中、御書院の回廊を

歩いて通っていたところ、

回廊のすぐ横を流れる水路に

カワセミのようなシルエット

(逆光だったので)の鳥が見えた。

カワセミは、写真や映像では

何度も見たことがあったけれど

生で観たことがなかった。

私のイメージでは、

 『山奥のきれいな川沿いに住み

 水面で狩りをする精悍な夏鳥』

と、いうものであった。

遠目に見える、そのシルエットは、

私が想像していたカワセミよりも

かなり小さくて、雀を一回り大きく

したぐらいであった。

しかも、精悍というよりは、

かわいらしい感じがした。

それで、他の鳥と見間違えたのか

と思ったのだった。

しばらくするとその鳥は、

水面に飛び降りた。

と、そのときに広げた羽根を見て、

『あ~!これは、

間違いなくカワセミだ!』

即、確信した。

あのカワセミならではの

美しく輝く青色の羽根が光った

からだった。

まるで、見てはいけないものを

見たかのような美しさであった。

それでも、本当にカワセミがこんな

街中に現われるものなのか?だった

ので調べてみた。

すると、カワセミは山奥でなくても

きれいな川があれば生息している

ことがわかった。

それでも、そう簡単に出会える鳥で

はないと思う。

諫早のこの辺りは、街の中心地とはいえ、

近くに天然記念物にも指定されている樹叢

もあるからか、水もきれいだ。

おかげさまで、街中でも、こうして思いがけず

美しい自然に出会えるのだった。

そういえば、

御書院内にも樹齢500年を超える

クスノキがある。

こちらも、

周囲に独特の雰囲気を醸し出している。

それにしても、

私の勝手な想像をことごとく

打ち破ってくれた、

カワセミちゃんだったな。。。(笑)

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page