思わぬ自然に

昨日、諫早での午前の稽古に

向かう途中、御書院の回廊を

歩いて通っていたところ、

回廊のすぐ横を流れる水路に

カワセミのようなシルエット

(逆光だったので)の鳥が見えた。

カワセミは、写真や映像では

何度も見たことがあったけれど

生で観たことがなかった。

私のイメージでは、

 『山奥のきれいな川沿いに住み

 水面で狩りをする精悍な夏鳥』

と、いうものであった。

遠目に見える、そのシルエットは、

私が想像していたカワセミよりも

かなり小さくて、雀を一回り大きく

したぐらいであった。

しかも、精悍というよりは、

かわいらしい感じがした。

それで、他の鳥と見間違えたのか

と思ったのだった。

しばらくするとその鳥は、

水面に飛び降りた。

と、そのときに広げた羽根を見て、

『あ~!これは、

間違いなくカワセミだ!』

即、確信した。

あのカワセミならではの

美しく輝く青色の羽根が光った

からだった。

まるで、見てはいけないものを

見たかのような美しさであった。

それでも、本当にカワセミがこんな

街中に現われるものなのか?だった

ので調べてみた。

すると、カワセミは山奥でなくても

きれいな川があれば生息している

ことがわかった。

それでも、そう簡単に出会える鳥で

はないと思う。

諫早のこの辺りは、街の中心地とはいえ、

近くに天然記念物にも指定されている樹叢

もあるからか、水もきれいだ。

おかげさまで、街中でも、こうして思いがけず

美しい自然に出会えるのだった。

そういえば、

御書院内にも樹齢500年を超える

クスノキがある。

こちらも、

周囲に独特の雰囲気を醸し出している。

それにしても、

私の勝手な想像をことごとく

打ち破ってくれた、

カワセミちゃんだったな。。。(笑)

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ