top of page

自然に還りつつ

諫早の実家には、

両親が暮らしている。

来年で80歳になる父は、

それまで仕方なくやっているようにみえた

庭仕事を、ここ数年精を出してやっている。

というか、

睡眠と食事以外の時は、晴れていれば

どんなに寒くても、家の中ではなく

庭のどこかにいる。

そのせいか、日に焼けて肌が土色だ。

人間は、土からできているというのを

聞いたことがあるが、それが本当だ

と思わせるほど迫力がある。(笑)

そしてある時、

しゃがんで庭仕事をしている

父の後ろ姿を見て驚いた。

その姿は、まるで幼子のように土と

一緒にたわむれているように感じられた

からだ。

土と友情関係を結んでいるかのように。

こうして、人間は少しずつ自然に誘われ

還っていくものなのだな。。

と深く感じさせる、

でも、不思議な姿であった。

また、最近はどこからか、

白い猫がやってくるらしい。

適度な距離をとりつつ近くに寄ってきては、

ジッと庭仕事の状況を見ながら、毛づくろい

をしたりして寛いでいくそうだ。

さらに、その猫は、

父がゴルフの球うちの練習をしていると

打った球を追いかけてくれるそうだ。

おかげで、

打った後、球を見失ったときは、

その猫の動きを目で追えば、

球の落ちた場所がわかるから助かると、

父が言っていた。

自然に還っていっているとはいえ、

庭に常駐するようになってからの父は、

パワーアップし、元気一杯で、

昨日もゴルフ場に出かけていった。

ん~

ありがたいありがたい。。

最新記事

すべて表示

令和4年度諫早稽古会の 最後の稽古では、 一つの型を座りで一人づつ 古賀師範が稽古を つけて下さいました。 しかし、 この日はなぜでしょうか。 古賀師範の手を掴む前から 師範からただならぬ気が 醸し出されていたように感じ、 私の防衛本能からか、 腹の底から声にならない声が 自然と出てきたのです。 そして、掴んだとたんに 普段はでないような 野太い声がわが身から発せられ、 不思議な感じがいたしました

近所に養鶏所が何か所かある。 その入口に自動販売機で、 にわとりの卵が 新鮮たまごとして 販売されていている。 わかりやすく言うと、 「生産直売所」。 にわとりの姿は全く見えない。 工場外からウィルスや菌を 持込む小動物が侵入しないよう 窓も見当たらない。 外観からは、 とうてい多くの生き物が 暮らしているとは想像できない。 車で横を通ると 購入している人の姿をよく見かける。 そのたびに、 このよ

お盆前で日中は、 暑さに気が遠くなりそうな日が続きます。 ですが、 同時に早朝や夜は少し秋の気配も感じます。 自然は確実に秋に向かっています。 今年は、自宅の庭木も成長が著しく、 屋根近くまで枝が伸びている木々もあります。 そうすると、 去年までは、 庭にまばらに居た黒トンボたちが、 新たにできた薄暗い木陰に一団となり 生息するようになりました。 朝、慌ただしくサッシを開けると、 その一帯に、 ヒ

bottom of page