稽古に向かう途中

昨日、福岡で稽古に向かおうと外に出て

すぐの幹線道路の歩道を歩いていたところ、

人が集まっていた。

何事かと思ったら、

よく見ると女性が横たわっていた。

状況から倒れた女性は、横断歩道を歩行中に

右折車と接触し負傷されたようだった。

外傷はなくて、少し安心した。

救急車の手配はすでにされており、待ちの状態

であったが、負傷された女性の顔色がどんどん

悪くなっていくのが目に見えてわかった。

そして、傍で直接救護されている女性のお子さま

が声を上げて泣いているので、私は、思わず

なだめるように腕をさすった。

そうすると、少し安心したのか、泣き止んでくれた。

よかった。。

程なくして、救急車が到着した。

負傷した女性が担架に乗せられたので、集まった

ひともホッとしているようだった。(私も。。)

そして、負傷女性の勤務する会社の方々が、

慌ただしく到着した。

ので、

私も一安心して、その場を離れた。

現場を後にするときに、

救急車を呼んだかたが、仰っていた。

『 救急車を呼ぶときには、

たくさんの人が通報したほうが、

緊急度が上がるので、早く来てもらえる

確率が上がるんです。 』

もちろん、その時の救急車両の出動状況に

よると思うけれど。。

でも、もしこれから、

このような状況に遭遇したら、

誰かが電話していても、

私も電話しようと思った。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ