稽古に向かう途中

昨日、福岡で稽古に向かおうと外に出て

すぐの幹線道路の歩道を歩いていたところ、

人が集まっていた。

何事かと思ったら、

よく見ると女性が横たわっていた。

状況から倒れた女性は、横断歩道を歩行中に

右折車と接触し負傷されたようだった。

外傷はなくて、少し安心した。

救急車の手配はすでにされており、待ちの状態

であったが、負傷された女性の顔色がどんどん

悪くなっていくのが目に見えてわかった。

そして、傍で直接救護されている女性のお子さま

が声を上げて泣いているので、私は、思わず

なだめるように腕をさすった。

そうすると、少し安心したのか、泣き止んでくれた。

よかった。。

程なくして、救急車が到着した。

負傷した女性が担架に乗せられたので、集まった

ひともホッとしているようだった。(私も。。)

そして、負傷女性の勤務する会社の方々が、

慌ただしく到着した。

ので、

私も一安心して、その場を離れた。

現場を後にするときに、

救急車を呼んだかたが、仰っていた。

『 救急車を呼ぶときには、

たくさんの人が通報したほうが、

緊急度が上がるので、早く来てもらえる

確率が上がるんです。 』

もちろん、その時の救急車両の出動状況に

よると思うけれど。。

でも、もしこれから、

このような状況に遭遇したら、

誰かが電話していても、

私も電話しようと思った。

最新記事

すべて表示

なぜ、大東流を続けているのか

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ

道場でなくとも

いつもより早い梅雨の合間の晴れの日、 この貴重な晴れの日を逃さないとばかりに、 あちらこちらの畑であわただしく 麦が刈り取られている音がしています。 私は、家のなかで 錦戸無光先生の「合気の極み」を 読み返しています。 そのなかで、 「地球に立つことができない人は、 大地によりかかっているので 大地を活かせません。」 に、目が留まりました。 そして、 わが身に振りかえり浮かんできたのは、 私は、自

さわやかな五月

近くの麦畑も穂が出揃い 畑が満ち満ちています。 そして、 黄金色に色づきはじめた穂が 風になびくと穂波があらわれ それはそれは、 壮観な眺めです。 ツバメの姿も見え始めました。 そんな、いつもとかわらない 自然にホッと 気持ちが癒されます。 ところが、 人間社会は、 あいかわらず 新型コロナの影響で、 健康なひとも、 呼吸すらマスク越しです。 これは、異常事態です。 しかし、自宅周囲の自然は、 い