インナー・ゲーム

先日、知り合いのコーチと話ていて、

興味を持ったので、

ティモシー・ガルウェイが書いた、

『新インナー・ゲーム』という本を読んだ。

“新”とあるのでおかわりかと思うが、

原著があり、1976年に出版されている。

当時、ベストセラーになった本の改訂版だ。

それにしても、38年前に書かれたものとは

思えない、とても興味深い内容であった。

著者ガルウェイは、プロのプレイヤーのコーチ

もするテニスコーチである。

そして彼が、自身そして他のプレイヤーの

内面で起こることと、技術の上達や試合での

成果との関連性を見出して、実践書として

まとめたものが、この本である。

テニスがベースになっているので、

テニスをしない人には、適しない箇所も多少

あるけれど、稽古中の私の内面に起こった

ことがたくさん書かれていて、テニスをしない人

にも読める内容であった。

ひとは、自分の外側では、仕事をしたり、

ボランティアなどで人と関わったり、

習い事をしたりいろいろと違うことをしている。

しかし、内面では、いつも同じことが起こって

いるのかもしれないと、この本を読んで改めて

実感した。

また、

自分の内面を理解する手立てがわからないと

思っている方には、わかり易く書かれている

ので、とくにお薦めです。

最新記事

すべて表示

重力へ反応し、 使われている筋力が あるのではないか。。 最近このように感じていたので、 ネット検索したところ、 厚労省のサイトに 行き着いたくらいなので、 身体学術系に詳しい方からすれば、 あたりまえのこと なのかもしれませんが(笑)、 そのような筋力が、 言葉としてあることを知らなくても そう感じていた私としては、 そうだったのかと感慨があります。 であれば、 筋力を使わないように 稽古してい

ようやく道場での稽古が できるようになりつつあります。 さて、 先日福岡道場で稽古のとき、 ほんの少しの違いで 相手への伝わり方が違うことに あらためて気づき、 「身体を正しく使う」 ことについて思いが巡りました。 今までは、同じ経験をしても ここまでの思いに至らなかった ということでもありますが。。(笑) 思わず稽古をつけていただいている 師範に 「いままで正しく身体を使うこと 教えてもらったこ

なぜ、大東流の稽古を続けているのか。 一般的には、大東流は、 護身武術といわれていますので、 敵の攻撃から自分を護るための術を学んでいると いえます。 これが、実は私にとっては、 なんとなく腑に落ちていない感じがして、 大義名分的に言っている感じがありました。 というのも、 私は戦いに興味がありません。(苦笑) ですから、敵の攻撃から自分を護るという発想に 馴染みもありません。 ところが、 最近こ